Viibar Freaks

株式会社Viibarのブログです。Viibarを色々な角度からご紹介していきます!

新サービスの運営もできる!企画立案から関われるViibarでのインターンとは

 

Viibarでのインターン生の記事第三弾は

通称インターンのボス、さきさんです。

 

 

f:id:Viibar:20161116182623j:plain

一橋大学法学部法律学科4年の高柳咲希と申します。来年春からはインターネット広告の会社に入社予定です。Viibarにはインターンとして2016年3月からジョインし、今はコンテンツ開発の部署に所属しています。

 

入社したきっかけ

 大学三年生の秋ごろ、所属していたバドミントン部を一時引退したとき、何か新しいことに挑戦をしてみたいと漠然と感じていました。春から始まる就職活動について意識はしていたのですが、短期インターンは自分の仕事上での適正を図るには向いていないと思っていて。どうせやるならば長期のインターンで、実際に仕事をする中で自分がどういったことが得意不得意なのか、好き嫌いなのかを知りたいと考えていました。

 そんなとき、タイミングよく友人からViibarを紹介してもらいました。それまでスタートアップ企業には全く馴染みがなく、「スタートアップって何???」という感じでしたが(笑)。「会社やサービスが成長していく過程を目の前で見れてとても面白いよ。」と言われて興味を持ちました。とりあえず話だけでも聞きに行ってみようと思い、勢いで面接に行きました。

 

 面接では、一学生にすぎない私の話を真摯に聞いてくださったことが印象に残っています。二回目の面接でいきなり代表の上坂さんが出てきたことにも驚きました。Viibarの社員さんの誠実さ、そして明確なビジョンとパッションを持って仕事をしていらっしゃることに感銘を受けました。この人達と一緒に働いて、刺激を受けたい。自分も成長したい。そういう思いでインターンすることを決意しました。

 

コンテンツ開発での仕事

f:id:Viibar:20161116182628j:plain

 今はSNSを中心とする新規メディアに携わっており、主に制作管理・企画・運営を担当しています。具体的には配信日に合わせて、撮影・編集のスケジュールを組んでいます。また、これからやる企画の案出し・監修していただく先生探しや、配信したコンテンツの振り返りも行っています。また、並行して配信のお仕事も教えていただいてます。

 関わっている仕事の関係上動画メディアをよく観るようになりました。どんなメディアがあるかにも大分詳しくなったと思います(笑)。動画メディアは料理やメイク、ヘアスタイルなどがどうしても中心になりがちです。その中でオリジナリティを出しているメディアもあり、こういう見せ方もあるのか!と驚かされることがあり面白いです。

 

新規メディアに携わっていく中で

 そうした新規メディアに関わる中で、サービスが成長していく段階に携わることの面白さに気づきました。将来は自分でも新規事業を立ち上げたり、グロースと言った面から事業の成長のお手伝いをしたりと何らかの形で携わりたいと思っています。とても漠然としているのですが…(笑)

 

Viibarで働きはじめてから

 自分から意見を発信したり、行動したりするようになりました。「今まではこうした方がいいんじゃないか」と思っていても、「間違っていたらどうしよう…」と心のなかにとどめ置いてしまうことが多くありました。ですが今は、せっかくインターンという機会をいただいているのだから、とりあえずアイディアを出してみようと思っています。それが決してチームにとってマイナスになることはないので。プラスになったらもうけもん、というくらいの気持ちです(笑)。

 

 Viibarはとてもフラットな職場で、インターン生の意見でも汲み取ってくれます。部署の仕事はもちろん、配信の仕事をやってみたいと相談をしたところ各部署との調整を図ってくださいましたし、書籍整理をして図書館を作りたい!と言ったところやらせてくださいました。

  こうして手をあげたらチャンスを与えてくれるので、これからも色々なことに挑戦してみたいと思っています。